戻る

細胞治療/悪性腫瘍治療・脊髄損傷治療の新提案

細胞治療

私たち人間の医療においても注目されている細胞治療。
当院は、病気に苦しむペットに対して、有効かつ安全な導入に向けて動き始めています。
ここでは私たちの取り組みの一部をご紹介いたします。

細胞治療とは?

私たちの体の細胞や組織、臓器は時として怪我や病気といった原因で失われてしまうことがあり、その結果、体の調子が悪くなります。
細胞治療とは、このような『体の調子が悪くなった=細胞の働きが悪くなった』場所に必要な細胞を補い機能回復させる医療です。

治療方法

本人から採取した細胞を体外で増殖させ、のちに再移植することで正常な機能を取り戻す治療が基本です。
これまで治療の手立てのなかった病気に対する新しい治療法として注目されており、世界中で研究がすすめられています。

当院では以下2種類の治療法を提供しています。


免疫細胞治療法を用いたがん治療


この治療法は、動物の持つ免疫力を高めることを目的としたものです。
手術、抗がん剤、放射線治療などの従来のがん治療に併用できる新たな治療法として提案させていただきます。
抗がん剤や手術ができない場合にも、これらの治療法にかわって選択することができます。
従来の治療と比較して高い延命効果は得られませんが、がんの進行抑制、QOLの維持などが期待できます。

QOL:Quality of Life=「生活の質」を指し、その動物がいかに動物らしく、苦痛のない生活を過ごせているかといった考え方

適応となる症例
乳腺癌・悪性黒色腫・血管肉腫

当院では、細胞治療の効果が期待できるこれらの腫瘍疾患に対して細胞治療を取り入れています。ただし以下のようなケースは適応しません。
●血液中に腫瘍細胞や細菌感染が存在する。
●猫白血病ウイルス(FelV)、猫免疫不全ウイルス(FIV) などのウイルスに感染している。
●血液系の腫瘍を併発している。
また、手術による治療効果が期待できる場合がありますので、あくまでも細胞治療は第一選択ではありません。そして治療を導入するか否かは、当院細胞治療チームにより十分検討が行われた上で適用されます。

より詳しいリーフレットは、
以下よりご覧ください。

幹細胞療法を用いた脊髄損傷再生医療


様々な細胞へ変化(分化)するとされている、脂肪組織由来の間葉系幹細胞を用いた移植療法です。

損傷した部分の代わりになる(神経系細胞などへ分化)ほか、損傷した部分の周囲をサポートし、栄養となる因子を分泌します。
この2つのしくみにより、機能回復が期待できます。

適応となる症例
後肢麻痺により歩行困難であり、胸腰部椎間板ヘルニアと診断された犬

当院では、標準的な治療方法(保存療法・外科療法・リハビリ)実施後も後肢の麻痺や歩行機能が回復しない症例、移植の前後(移植翌日~少なくとも6ヶ月後まで) において治療評価のため定期的な来院ができるケースを治療対象としています。

以下のようなケースは、残念ながら適応となりません。
椎間板ヘルニア以外の脳・脊髄の併発疾患を有する場合、傷病等により全身状態が不良である場合、腫瘍や免疫機構の障害・重度神経系の疾患の既往歴のある場合、薬剤に対するアレルギーおよびその他重篤なアレルギーの既往歴のある場合

より詳しいリーフレットは、
以下よりご覧ください。

当院の新たな挑戦に、ぜひご期待下さい。

私たちが中心となってより質の高い細胞治療の確立を目指して参ります。

  • 市川橋病院 院長

    伊藤 裕行

  • 市川橋病院 獣医師

    林 諒

  • 三ツ目通り病院 獣医師

    山田 宏美

  • 日光街道病院 獣医師

    中村 聡

  • 市川橋病院 動物看護師

    石田 沙恵