戻る

トータルケアサービス/献血にご協力下さい

「いのち」と「きずな」をつなぐ献血・輸血

近年獣医療において輸血による治療の必要性は高まっていますが、人の医療と違い献血・輸血のシステムは統一されていません。

当院では、一般家庭で過ごしている健康な犬猫から献血ドナーを募集し、血液製剤をストックする独自のシステムを構築しています。ひとつでも多くの命を救うため、皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

血液療法
献血リーフレット
より詳しく知りたい方へ

当院の献血システムについて、詳しく説明したリーフレットをお配りしています。
「献血の手順」や「犬猫の血液型の話」なども掲載していますので、ぜひご覧下さい。

献血にご協力ください

病気や怪我により、輸血を必要としている動物がいます。献血によって得られた血液製剤は有効期限があり、長期保管することができないので、定期的に献血に協力していただける健康な犬猫が必要です。

ドナーの募集要項

年齢 1〜7歳
性別 交配経験・予定のないオス
妊娠・出産経験のない避妊済みのメス
体重 10kg以上 3.5kg以上
予防 フィラリア予防
ワクチン接種
ノミ・ダニ予防
ワクチン接種
ノミ・ダニ予防
生活環境 屋内外どちらでも可 完全屋内飼育のみ
1〜7歳
交配経験・予定のないオス
妊娠・出産経験のない避妊済みのメス
体重 10kg以上
予防 フィラリア予防
ワクチン接種
ノミ・ダニ予防
生活環境 屋内外どちらでも可
1〜7歳
交配経験・予定のないオス
妊娠・出産経験のない避妊済みのメス
体重 3.5kg以上
予防 ワクチン接種
ノミ・ダニ予防
生活環境 完全屋内飼育のみ
ドナー登録時検査 身体検査、血液検査、尿検査、便検査、血液型検査(初回のみ)
犬フィラリア抗原検査(毎年)
犬バベシア症遺伝子検査(初回のみ)
猫白血病ウイルス・エイズウイルス検査(初回のみ)
猫コロナウイルス遺伝子検査(初回のみ)
猫ヘモプラズマ遺伝子検査(初回のみ)
ドナー登録時検査
身体検査、血液検査、尿検査、便検査、血液型検査(初回のみ)
犬フィラリア抗原検査(毎年)
犬バベシア症遺伝子検査(初回のみ)
猫白血病ウイルス・エイズウイルス検査(初回のみ)
猫コロナウイルス遺伝子検査(初回のみ)
猫ヘモプラズマ遺伝子検査(初回のみ)

※すべて異常がなかった場合のみドナー登録させて頂き、検査料は病院負担となります。
※異常が見つかった場合には、料金を頂くことがあります。また、異常項目の治療についてご相談を承ります。

  • 献血は年2回行ないます(1回目はドナー登録時、2回目は約半年後)。
  • 1回の採血量は体格に応じて、犬では200~400ml 、猫では30~60mlです。
  • 採血部を剃毛します(頸部または前肢部)。
  • 採血後は採血量と同量の皮下補液を行ないます。
  • 安全に採血するため、鎮静処置を行なう場合があります。
  • 登録は1年ごとに更新可能です。

01.当院の実績

輸血治療の総件数 3087件 (2002〜2015年度まで)

犬1945件 猫1142件

献血件数 献血量

02.輸血が適応となる疾患

以下の疾患がある場合は輸血が適応されます。

  • ・血液凝固障害
  • ・腹腔内出血
  • ・免疫疾患
  • ・悪性腫瘍
  • ・播種性血管内凝固
  • ・骨髄疾患
  • ・腎臓病
  • ・外傷
  • ・血友病
  • ・慢性疾患 など

03.輸血治療をご希望の方へ

輸血とは献血していただいた血液からつくられた血液製剤を動物に補充することです。血液の成分が不足したときに、必要な成分を必要な量だけ補充することで体調の改善を促す治療です。効果は一過性であり、感染症や免疫反応などのリスクもあり、安易に行うことはできません。基礎疾患に対する治療を行う補助的な治療のため、当院で基礎疾患の診断と治療を受けていただくことになります。

輸血前には血液型検査・交差適合試験を行います。適合した血液製剤を使用することで、不適合輸血によって起こる溶血反応(副作用の一種)のリスクを最小限に抑えることができます。
これらの検査によって輸血を受ける動物と輸血用血液製剤との適合性をチェックし輸血後に起こる溶血などの輸血副反応を未然に防止します。

ご来院の際には以下のような資料を、かかりつけの病院からご提供頂きます。当院までお持ち下さい。

  • ・診察内容
  • ・各種検査データ(血液検査、レントゲン、超音波など)
  • ・内服しているお薬

メッセージ

  • 輸血を受けた方から「ありがとう」

    菊田様 ちょこちゃん

    近所の動物病院の紹介で、精密検査ができる苅谷動物病院を受診しました。検査の結果は、貧血・子宮蓄膿症・子宮の腫瘍・胆管炎を併発していて、早急に手術が必要。出血多量の場合は輸血を行なう可能性もあるとのこと。大変ショックでしたが、術前に先生から輸血に必要な検査なども詳しく説明していただけたので、信頼して治療をお願いできました。あれから2年、“ちょこ”はとても元気です。大切な家族の血液を分けて下さった飼い主の方へは、本当に感謝しています。この素晴らしい献血活動の輪が広がるよう、今後私も協力していけたらと思っています。

  • 献血ドナーの方の体験談

    坂牧様 チャタちゃん・もこちゃん・ちび太ちゃん・わかめちゃん・ペコちゃん

    先代の猫が血小板減少症にかかり輸血治療を受けたことがあったので、“今度猫を飼うときは、献血ドナーに登録して恩返しがしたい!”と思っていました。今、我が家には5頭の猫がいますが、全頭ドナー登録をしています。元気な猫たちを病院に連れて行くのは大変ですが、献血時の検査で健康状態がチェックできますし、病院に慣らす練習にもなるので、“猫たちのため”と思い続けています。献血後、帰宅した猫から病院の匂いがするのか、留守番組の猫たちとひと波乱ありますが、それも“元気な証拠”と微笑ましく見ています。

ドナーの皆様をご紹介いたします。

  • 成島ナナちゃん
  • 櫻井隆之介ちゃん
  • 櫻井翔太郎ちゃん
  • 鈴木RIKUちゃん
  • 末岡小判ちゃん
  • 末岡トラジちゃん
  • 白根ニコちゃん
  • 土屋じんちゃん
  • 中柴マメちゃん
  • 中柴フィーちゃん
  • 池田くりんちゃん
  • 知久ふーちゃん
  • 知久きゅーちゃん
  • 川邊Joyちゃん
  • 川口桜花ちゃん
  • 成島はぐみちゃん
  • 植草龍騎ちゃん
  • 沼井ごん太ちゃん
  • 小沢綱吉ちゃん
  • 小西モカちゃん
  • 若林ききちゃん
  • 坂牧わかめちゃん
  • 坂牧ぺこちゃん
  • 坂牧チャタちゃん
  • 佐瀬もこもこちゃん
  • 佐瀬ちびにゃんちゃん
  • 菰田つんつんちゃん
  • 渓すずちゃん
  • 金子リンダちゃん
  • 吉原ディーノちゃん
  • 岩瀬かすみちゃん
  • 岩瀬あやめちゃん
  • 横田リズムちゃん
  • 横山フジ丸ちゃん
  • 永岡えびぞうちゃん
  • 永井ゴハンちゃん
  • 芦田稲穂ちゃん
  • 野村yoonahちゃん
  • 野村Xiahちゃん
  • 富山あさひちゃん
  • 梅木前ちゃん
  • 中莖幸太ちゃん
  • 池田マロンちゃん
  • 太刀川ふうたちゃん
  • 太刀川かんたちゃん
  • 川口コナンちゃん
  • 森田ナルドちゃん
  • 伊藤三四郎ちゃん
  • 清水ジジちゃん
  • 太刀川しんちゃん
  • 大森くっぱちゃん
  • 伊藤だいちゃん
  • 伊藤かいちゃん
  • 木全姫ちゃん
  • 木全殿ちゃん
  • 吉澤レオちゃん
  • 野口ワコちゃん
  • 佐藤こなつちゃん
  • 石原おこげちゃん
  • 石原颯ちゃん
  • 津川チャメちゃん
  • 渡邉狛ちゃん
  • 小島たかみーちゃん
  • 小島ぽにょちゃん
  • 千葉ゆきちちゃん