戻る

トータルケアサービス/リハビリ

リハビリ

こんなお悩みはありませんか?

  • 手術の後、今までのように動けなくなってしまった…
  • 加齢とともに散歩に行くのが辛そうになってきて…
  • 可愛いけれど、ちょっと太りすぎみたい…

人間と同じように動物も、病気や怪我、老化、肥満などで日常生活に支障が出てくることがあります。
それらの障害を克服し、元気な時と同じような生活ができるよう、運動機能の回復や維持を援助することをリハビリテーションといいます。
リハビリは毎日継続することが重要です。外来でのリハビリ指導はもちろん、ご自宅でも実践できるよう、あなたのペットに合ったリハビリプランを作成し、レクチャー致します。

リハビリのメリット

  • 手術後、早期に機能を回復することができる。
  • 関節可動域や神経機能を改善・維持することができる。
  • 筋肉を維持・増強することができる。
  • 疼痛の緩和に効果的。
  • 老化による運動機能の低下を防止することができる。
  • ダイエットやアンチエイジングに効果的。
  • 自立した生活を促し、生活の質を向上させることができる。
  • ペットと飼い主の絆を深めることができる。
  • お薬を飲む期間や量を減らすことができる。

リハビリが有効な疾患例

  • 前十字靭帯断裂
  • 椎間板ヘルニア
  • 股関節形成不全
  • 変性性脊髄症
  • アキレス腱断裂
  • 慢性関節炎
  • 股関節脱臼
  • 肥満
  • 膝蓋骨脱臼
  • 骨折

当院のリハビリのおすすめポイント

リハビリには様々な種類や方法があります。目的に応じて、それぞれを組み合わせることで、より高い効果を期待できます。

  • 1.徒手療法

    人の手で擦ったり揉んだりすることで、血行やリンパの流れを促進します。
    筋肉や筋をストレッチすることで、機能回復を早め、痛みを緩和させる効果があります。
    【例】PROM運動、自転車漕ぎ運動、マッサージ、ストレッチ

  • 2.運動療法

    バランスボールや障害物などの道具の使用や、階段の上り下りによって、バランス感覚や筋力のアップなどが期待できます。
    【例】バランスボール、バランスボード、カバレッティレール、カートセラピー

  • 3.水中療法(トレッドミル)

    浮力を利用することで問題のある部位に負担をかけずに運動することができます。運動機能の早期回復や、ダイエットや筋肉をつけることにも効果的です。
    【例】ウォータートレッドミル、水泳

  • 4.物理療法(レーザー)

    患部を温めたり冷やしたりすることで血流や細胞の活性化を調整します。
    痛みや腫れ、炎症の軽減に効果的です。
    【例】温熱療法、寒冷療法、低出力レーザー、電気刺激療法(EMS)